クオーツ式腕時計のデメリット

クオーツ式腕時計は電子回路と電池の寿命に影響を受ける!

クオーツ式腕時計の電子回路の寿命は約10年です。そのため、電子回路が壊れると時計は止まってしまいます。電子回路を修理することはできませんが、交換することは可能です。しかし、交換する費用が万単位と高額なため、新しいクオーツ式腕時計を購入したほうが安く済みます。わざわざ電子回路を交換してまで使い続ける方は少ないでしょう。また、電池の寿命にも影響を受けます。電池の寿命は数年と短く、電池の寿命がきたら時計が止まってしまいます。そのため電池が切れたら交換が必要です。「電池が切れる度に交換するなんて手間だ」と感じる方もいるかもしれません。このようにクオーツ式腕時計は電子回路や電池の寿命に影響を受け、動かなくなるデメリットを覚えておきましょう。

機械式腕時計にくらべると資産価値が低い!

クオーツ式腕時計は、さきほど説明したように電子回路や電池の寿命がきたら止まってしまいます。そのため、交換を面倒と感じる方は新しい時計を買ってしまいます。つまり、使い捨ての時計として扱われている場合が多いです。そのため、機械式腕時計にくらべると、どうしても資産価値が低くなってしまいます。高級時計ブランドではクオーツ式腕時計を取り扱っていないところもあります。このようにクオーツ式腕時計の資産価値は高くないです。時計の寿命や資産価値など、あなたが何を重要視するかによって時計を選んだほうが良いでしょう。


また、日本のメーカーをはじめ、高級クオーツ式腕時計を販売するところが徐々に増えています。クオーツ式のデメリットを補っていて、高級クオーツ式腕時計は精度が高く太陽電池を搭載したものもあります。